10~30代でハゲる?

普通薄毛といいますのは、頭の髪の毛の量がダウンして、外側から頭頂部の皮膚が透けて見える状況であること。国内の男性の三人に一人という多くの人が薄毛について困っているといわれております。かつ女性の薄毛の悩みの件数もとても増えています。


女性におけるAGA(男性型脱毛症)にもやはり男性ホルモンによるものですが、男性同様にすべて影響を及ぼすというよりは、ホルモンバランスにおける何らかの変化が要因となっています。


当然薄毛や抜け毛が起こる原因はいくつかあります。簡潔にまとめると、男性ホルモン、遺伝などによるもの、食・生活習慣、外的・内的ストレス、基本的な地肌のケア不足、頭皮の異常・内臓疾患等が関係しています。


怠惰な生活をしているとお肌に吹き出物ができて荒れてしまうみたいに、当然不規則な食物摂取・生活スタイルを慢性的に続けていると、髪の毛やカラダ全ての健康維持に対しても大いに悪影響を及ぼすことになり、いつか「AGA」(エージーエー)に罹る確率が高まります。


もしも10代であれば新陳代謝が活発といわれる時なため、大部分の人は治癒しますが、当然60歳を超えたあたりから老化現象の中のひとつとなっていて、年代によりはげの特性と措置は大きく差があるものです。



事実10代はもちろんですが、20・30代だとしても、毛髪はまだまだ成長をしていくので、元々10~30代でハゲあがるのは、異常な事態であると言うことができます。


実際に遺伝とは関係することなく、男性ホルモンが極端に分泌を起こしたりといったような体の内でのホルモンのバランスの変化により、抜け毛になり結果はげになることがございます。

薄毛・抜け毛を防ぐために、育毛シャンプーを普段使いした方が、望ましいのは分かりきっているわけですが、育毛シャンプー1種だけでは、改善できないといったことは頭にいれておくことが大切でしょう。

煙草を吸う・寝不足・暴飲暴食など体に負担をかけるライフスタイルを送っていると、健康的な生活を続けている人に比べてハゲやすいといえます。結局のところハゲは日常の過ごし方や食スタイルなど、遺伝的な要素だけではなく後天的な要素も、すごく大切だと思われます。


アミノ酸系で開発されている育毛シャンプーについては、頭皮へ及ぼす直接の刺激も軽減されており、汚れを落としつつも大事な皮脂はちゃんと残す作用になっているため、育毛に対しては何よりも最も効果が期待できると認識されています。